0
アイスクリーム, 乳製品, 新着情報, 牛乳

アイスクリーム発売!

 はじめに

こんにちわー!営業の田村です。

いやー、熱くなってきましたね!気温30度を超える日も多くなってきてますね。水分補給だけは欠かさずに参りましょう。

実はですね、そんな暑い夏を快適に過ごす新商品が7/1日から販売開始となりましたー!その名も

そのまんま牛乳アイス

です!ではそのまんま牛乳アイスの魅力を説明していきましょう!

 新商品 そのまんま牛乳アイス

このアイスの特徴は何といっても牛乳含有率70%であることです。そしてその70%すべてが弊社の低温殺菌牛乳であります。

実はアイスには3種類の区分があり、

・ラクトアイス

・アイスミルク

・アイスクリーム

があります。無脂乳固形分、乳脂肪分が一番多く含まれているものがアイスクリーム、一番少ないものがラクトアイスになります。弊社のそのまんま牛乳アイスはその真ん中のアイスミルクの区分になります…

アイスクリームの方がいいじゃん!

と仰る方もいるでしょう。たしかに無脂乳固形分、乳脂肪分はアイスの滑らかさとコクを保つのに重要な成分です。しかし弊社が目指してきたアイスは「牛乳をそのまんま」お客様に味わって頂きたい、そういった思いで開発してきたのであります。

コンビニやスーパーさんに置いてある大手のアイスは確かにコクがあり美味しいですよね。ですが原材料に「牛乳」と表記されているものはほとんどありません。ほとんどが乳製品、クリームとなっておりそれらで乳脂肪分を高めてコクを出しています。たしかに美味しいんです…

ですが我々のコンセプトは「牛乳をそのまんま」なんです!なのでそのまんま牛乳アイスはクリームを最小限に抑えて低温殺菌牛乳の味を最大限に活かしました。つまり、牛乳屋ならでは、いえ良寛牛乳ならではのオンリーワンアイスなのです!

そしてこのアイス、

出雲崎町限定です

はい。基本的には出雲崎町のお店にしかありませんので、お買い求めの方は是非とも出雲崎町へ足を運んでください。また、只今弊社オンラインショップを改装中でなんと商品ラインナップにそのまんま牛乳アイスが加わる予定ですので、遠方の方もしくは県外の方までお届け出来るようになります。その時はまた改めて告知させていただきます。

ちなみに現在販売しているお店は

・道の駅 越後出雲崎天領の里 物産館

・ニューヤマザキデイリーストア 出雲崎川西店

・全日食フードセンター 出雲崎店

・レストラン DIO (盛り付け提供)

の4店ですので出雲崎町へお越しくださった際は是非立ち寄ってみてください。

 さいごに

毎度の如く、更新遅くて申し訳ございません。もはや反省の色もないです、というのは嘘です。

ただ、「ブログ見ました」という方に最近会いまして、ブログの終わりが「さいごに」と「最後に」と2パターンあると言われ自分でも気付かなかったのでとても嬉しかったです。よく見てくれてるなぁと。

また最近ではFMラジオ様でも良寛牛乳を取り上げてくださったり感謝の極みでございます。上村様の食レポは集客効果絶大であります!プロの技です!新聞社様も取材の度に弊社にお越しいただき誠にありがとうございます。今後も株式会社良寛は新たな商品を開発していきますので、何卒宜しくお願い致します。ではまた!

 

 

 

4 Comments
  • 徳田克則
    12:32 AM, 25 8月 2021

    コンセプトは理解した。
    確かにプレミアムタイプで原材料表示のトップに「牛乳」と表記されているものは見たことが無い。その攻め方は支持する。ただやはり、270円という価格で「アイスミルク」というのは何とももったいない。よく見るとこの商品、乳脂肪分が7.5%もある。あと0.5クリームを足せば「アイスクリーム」と名乗れるのに、何故そうしなかったのか。
    他メーカーの200円以下で売られている「アイスクリーム」は皆キッチリ8%にセットしている。では「アイスミルク」はどうか。ほとんどが下限である3%台に抑え、植物性油脂などでコクを補い、製造コストを下げつつ味のバランスを取っている。
    つまり、市場には乳脂肪分7.5%の「アイスミルク」など存在しないという事だ。そこまで脂肪分を上げたのなら、あと0.5上げて「アイスクリーム」にし、尚且つ原材料表示のトップは「牛乳」を維持する。そうしてくれれば、こちらとしても何の気まずさもなくお客さんにおすすめ出来るのだが……(笑)

    • Ryoukan milk
      5:39 PM, 25 8月 2021

      徳田克則様、コメントありがとうございます。
      確かに「種類別アイスクリーム」と書いてあるのは一種のブランド的な魅力があります。ブログにも書いたように無脂乳固形分、乳脂肪分ともに多く含まれていて最上級のアイスです。

      ですが、そのまんま牛乳アイスは牛乳の味を最大限に活かしかつ、食感は滑らかに、を目指した結果、種類別アイスミルクになったのです。ブログに書いてある通り、クリームを抑えたのは牛乳味を邪魔しないかつ、食感を滑らかにし、後味にアクセントをつけるためであり種類別名称には特にこだわりはありませんでした。

      また植物性油脂を使用した場合ですが、動物性に対してさっぱりしているので後味、滑らかさを出すためには量を多くしなければなりません。そうなった場合、牛乳含有率も減少してしまい牛乳風味を出すために結果、他の乳製品を追加しなければならなくなります。

      商品開発の際に「コストを~に抑える」や「乳脂肪~%に抑える」といった目標は大事ですが同時に開発の視野を狭めてしまいます。それよりもせっかく牛乳屋が作るアイスですから、「牛乳70%!!」「そのまんまの牛乳味!!」「かつ食感は滑らかに!!」とその商品に対するこだわりを目標としたかったのです。そこに「他社のアイスは~」といった概念は存在しないのです。弊社のオンリーワンアイスですので!

  • 徳田克則
    4:05 PM, 27 8月 2021

    よく解りました。
    つまり種類別には頓着なく、目指した味を実現したところ、たまたま乳脂肪分が7.5%だった。そこからいらん色気を出し、せっかくたどり着いたベストバランスを崩してまで何かを足す必要はない。

    御見逸れしました。
    同時に少し安心しました。この程度の揺さぶりで動じるようでは真の商品開発とは言えない。「アイスミルク」上等。「アイスクリーム」などクソ食らえです。

    下らないコメントで貴重な時間を奪ってしまい、大変申し訳ありませんでした

    • Ryoukan milk
      5:48 PM, 27 8月 2021

      徳田克則様へ。

      ご返信ありがとうございます。ご理解頂けて何よりです。
      下らないコメントなんて…とんでもございません!深掘りなコメントは大歓迎です。何より私自身の成長の機会でもありますので。
      これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright 株式会社良寛

ショッピングカート